ドリームネット

Home > 住宅> ドリームネット

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ。住宅ローンでは、希望金額を借りるためには、住宅ローン審査に通らなければなりません。ドリームネットは成功率98%の実績。そして完全成功報酬制で相談・出張は何回でも無料です。

マイホームを住宅ローンで購入する場合に考えなければならないことはいろいろありますが、高齢化社会ということを考えると、終の棲家というよりは、将来売却をしたり、賃貸で貸し出したりする投資物件としての性格も持たせる必要があるということも考えておく必要があります。終の棲家ではなく、長期的に一時的に住む住宅という考えも高齢化社会、長寿社会では必要になります。なかには生涯、購入したマイホームで住む人もいるでしょうが、高齢化した時に高齢者用の施設に移ったり、子供に介護をしてもらったりで、住まいを移す可能性もあります。住宅ローンで長期間返済して、やっと完済し自分の所有になった場合でも、その後の出口戦略も考えておく必要があります。社会自体の住宅関係や不動産関係の状況も変わってくるということも考えると、マイホームを購入する地域の将来の需要や入居率なども予測を調べながら、万全の選択をする必要があります。社会的な変化ということでは、住宅ローン関係だと、金利の変化も大きく影響をします。固定金利で返済をするのか、繰り上げ返済ができる見込みを立てて、変動金利で返済をしておくのかなども重要です。住宅ローンで困る状況になる理由としては、返済額が増えるという場合です。金利が急に上昇し、返済額が増えてしまうと、返済計画が狂ってくるからです。今の状況では当分超低金利が続くという見通しですが、これがいつ転換するかは誰にもわかりません。転換する時には急激に変化するという可能性もあります。その時に固定金利に変更しても間に合わないという可能性もあります。住宅ローンでは金利の将来の変化の見定めも重要なポイントになります。返済という点からでは、もうひとつのリスクは収入の変化です。収入が減る可能性も考えて、今の家賃からかけ離れた高い返済額の設定はリスクが高くなります。順調に給与や収入が上昇するのであれば心配はありませんが、そうならない可能性も考えて準備をしておくことも、人によっては必要になります。
【関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑