ATERIER100&1

Home > 生活> ATERIER100&1

結婚指輪・婚約指輪を自分達でつくれる - 東京・横浜・金沢の手づくり指輪のアトリエ100&1


装身具の関連情報

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

手作りの結婚指輪をこれから作るつもりでいるなら、ひとまず専門の業者を探すのがセオリーでしょう。もちろん、最初から用意されているものを、普通に購入してプレゼントし合うやり方でも問題ないです。大切なのは、お互いの気持ちがこもっているかどうかなので、それでお互いが満足出来るなら、それが1番だといえます。ただ、思い出をしっかりと残したいと言う部分にこだわるなら、やはり結婚指輪手作りの方が良いでしょう。実際に今、全国的に調べると、かなり多くのブライダル製品を取り扱う業者がいるのが分かります。結婚指輪の手作りだけにフォーカスしている業者も存在するので、興味があるなら注目しておきたいところです。どこの業者にすれば良いのかわからない場合は、実際に結婚指輪の手作りを依頼したことがあるカップルの話に、耳を傾けておきましょう。どの業界にも言えることですが、やはり経験者の話が、結局のところ貴重な参考材料となります。いろいろなところでピックアップされていて、様々な人から選ばれ続けている業者なら、技術力や提案力のある業者の可能性が高いはずです。依頼をする前に、念のため対象となる業者のホームページを確認してみましょう。ホームページには、当然ながらその業者の特徴が記載されています。どのような結婚指輪を今まで作ってきたのか、事例をチェックするだけでも大きな参考となるはずです。また、どんな素材や宝石から作れるのかも、ホームページで確認できるでしょう。手作りでお願いするときは、できるだけ作業場に夫婦が足を運べるような業者がベストです。すべてオーダーメイドで業者に任せてしまうと、業者のセンスに依存してしまいます。だからこそ、夫婦の考えやセンスも盛り込むために、極力作業現場に足を運ばせてもらいましょう。その重要性を理解している指輪作成業者なら、いつでも招き入れてくれるので、大変頼りになります。むしろ、業者と二人三脚で手作りの結婚指輪が作れれば、それが1番です。
PAGE TOP ↑